もったいないという気持ちを大切にしたいです

かかとの部分の生地が薄くなって今にも切れそうになった靴下が何足かありました。かかとの生地が薄くなったくらいで捨てるのはもったいないので、かかとの薄くなった部分に他の布をあてて縫って補強しておきました。靴下など100円ショップでも買えるものなので、穴が開いた靴下など捨ててしまえとおっしゃる方もいるとは思いますが、私は捨てることはしません。

ケチですとか貧乏性だと言われたとしても、補修して使えるものは靴下でも何でも使えなくなるまで使いたいと私は思っているのです。穴の開いてしまったパジャマも当て布をして穴を塞いできています。パジャマは家の中でしか着ないので特に気になりません。

実は私も以前は、例えば靴下に穴が空いたりすると、穴が開いていない靴下も一緒にすぐに捨てていました。穴が開いていない靴下も一緒に捨てるのは何だかもったいない気持ちでしたが、穴の開いた靴下だけ捨てて、穴の開いていない靴下だけ持っていても仕方ないので一緒に捨てていました。それでも、やはり穴の開いていない靴下を捨てるのはもったいないと思う気持ちが強くなり節約志向も大きくなったので穴の開いた靴下を補修して履き続けるようにしたのです。ですから、私りタンスのなかには他の布で補修された靴下がたくさんあります。これからも、もったいないという気持ちを大切にしていきたいと思っています。